スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
優しく、軽やかで、鮮やか。
昨日書いた記事を読み返したら、ヒドいヒドい(苦笑)
消すのも悲しいので放っておきますが。ちょっと頭冷やそうと思います。

という訳で、言葉の話、第二弾。
今回は、本の中から。

『要はいう人の心しだいであったかくなるのが言葉じゃあありませんか。』

これは、北村薫『夜の蝉』(創元心理文庫)の中で出てきた言葉です。
読んだ時、なんてあったかい言葉だろうと思いました。

すーっと、心に優しく沁みてくるんです。
「人の心しだいであったかくなるのが言葉」。その通りだと思いました。

北村薫さんの文章は、すごく優しく、美しく、穏やかで、読んでいると本当にほっとします。
人を見る目が温かく、良いところも悪いところも全部受け入れて、そっと抱きしめてくれる、
そんな文章を書く作家です。
大自然の中の、澄んだ湖を見ているような・・・
音楽に例えるなら、パッヘルベルのカノン、といったところでしょうか。
これからもちょくちょく話題にすると思うので、北村薫さんの紹介もします。

   北村薫さんについて(〔北村亭〕(北村薫ファンサイト)より抜粋)
  
 早稲田大学第一文学部卒。学生時代からミステリ関係者との交遊を深め、
 関係者の間でその本格ミステリの愛好ぶりが知られていた。
 論評や解説等の活動もあった。

 もともとは教職についていたが、東京創元社の戸川氏の勧めにより執筆活動を開始。
 1989年に『空飛ぶ馬』を発表し、作家としての第一歩を踏み出す。
 当初は専業作家になるつもりがなく、執筆を依頼されぬよう、住所、本名はもちろん
 性別を含むいっさいのプロフィール等を明かさない「覆面作家」としてのデビューだった。

 平成3年、短編作品集『夜の蝉』によって第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集
 賞)
を受賞し、覆面作家業にピリオドを打った。

 以降、諸事情あって教職を辞し、作家専業となる。

 現在では、小説家として文芸誌・新聞等で小説を発表している。
 また無類の本格ミステリ愛好家・読書家として新聞、雑誌等へ論説・エッセイを寄稿
 
し、アンソロジー編纂や、講演、対談などの活動も盛ん。
 また2005年度から2006年度まで、
 母校早稲田大学にて、客員教授として創作指導・文芸演習のクラスを担当した。

 執筆活動の中でも、小説作品への評価は非常に高い。
 直木三十五賞には最終候補に5度挙げられた
 2006年に『ニッポン硬貨の謎』第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞。
 またいくつかの文学賞の選考委員も務める。


という方なのですが。
分類としては「本格ミステリ」の作家ですが、敢えて大きな事件を描かず、
平凡な営みに重きを置くことで心の揺れを描写する作品が多いです。
私は推理小説はあまり読まないけれど、
むやみに血なまぐさい殺人事件が起きたり、
唐突なトリックでこじつけたりということは一切なく、
緻密な伏線と謎解きの鮮やかさ、
そしてなにより、文章が軽やかで美しい北村薫さんの作品はとても好きで、小説に関しては、全て読んでしまったほどです。(エッセイや評論、アンソロジーはほんの一部だけ・・・)
落語がお好きということで、ところどころにユーモアあふれる表現が散りばめられているのも魅力的です。

この『夜の蝉』は《私と円紫さん》シリーズの2つ目。
女子大生「私」の日常にふっと浮かぶ謎を、噺家春桜亭円紫が解き明かす。
謎解きの鮮やかさに感心すると同時に、登場人物たちの人を見る目の温かさが心に沁みます。

最後にもう一つ、『夜の蝉』から。なるほどな~と思った言葉。

『水鳥の脚使いではありませんが、内に何かを秘めない人はいません。
何をどれぐらい表にし裏にするかは人によって違います。(中略)
ある意味では、その割合こそが、動かしようのないその人らしさをつくるのでしょう。』




ランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックお願いいたします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
【2008/02/02 14:46】 | 言葉 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ロボコン放送・漢検・勝地涼さん | ホーム | 「ファン」ということ>>
コメント
久遠さん。
なるほど・・・本当に言葉は奥が深いですね。私は人の言葉を鵜呑みにしに影響されやすいのでじっくり受け止めないと・・・と思っています。
同じ事を聞き忠実に伝えようとしても、文章はまったく違ったりしますよね。(たとえばANNの状況のレポート(笑)・・・たとえが悪すぎですが)
書き手のさじ加減ですよね。
人に温かい思いを伝えられるような言葉や文章を使いたいです。素敵な言葉の紹介ありがとうございました。
【2008/02/02 23:28】 URL | わこ #7uu1RD92[ 編集] | page top↑
>わこさん
いつも丁寧なコメントありがとうございます。とてもうれしいです。
私もすぐ人の言葉に影響されてしまいます。
自分が「ちょっといいな」と思ったものに対して、批判の声とかを聞いたりすると、気持ちが揺らいでしまったこともありました。
逆に、本当に好きなものに関しては絶対に考えを譲らなかったり・・。
最近は、自分の考えをはっきり持った上で、人の言葉と比較しながら
距離を置いて考えるように心掛けてはいるのですが、・・難しいです。
ある事実を文章にするにしても、多かれ少なかれ、そこにはどうしても主観が入ってしまうものですよね。ANNも(笑)でもホントそうだと思いました。
私も温かい言葉、使っていけるように頑張りたいです。
【2008/02/03 21:55】 URL | 久遠 #Sivggt7E[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuon04.blog35.fc2.com/tb.php/19-cf181570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。