スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
役者「小栗旬」との出会い
小栗さんを好きになったのは、昨年の秋。
あまりドラマを見ず、ニュースは必ずNHKだった私は
小栗旬」という名前は聞いたことはあっても見たことが無く、興味も無かった。

でも。
夏にやっていたりの君の再放送を偶然見て(しかも6話から。笑)
はじめて知った。
若手俳優でこんなに自然に演じる人っているんだな~と少し興味を持って。
そのことを友人に話したら花より男子のDVDを貸してくれた。

驚いた。
佐野泉」と「花沢類」、そこまで役柄が離れている訳ではないのに
全く別人に見えて。
同じ人が演じているとは思えないくらいで。
いろんな感情を同時に表現する繊細な演技。
鳥肌がたった。

さらに、今すごく人気が出てきてみんなから騒がれているのに
バラエティー番組などでも全く驕った所がなく、飾らず、丁寧で、柔らかい物腰。
一気に惹かれた。
友人から借りたごくせんを見て、心優しいうっちーに和み、
友達引っ張って観に行ったクローズZEROの力強くて仲間想いな滝谷源治に惚れて。

そして、情熱大陸
泣きながら見た。テレビでの穏やかさ、ラジオでのお茶目さだけじゃない、
小栗さんの生の感情が痛いくらいに伝わってきて・・・
すごく胸が痛くなった。
すごいなって。尊敬した。憧れた。
「ああ、この人は本物だ」って。
小栗さんを好きになって良かったって、心から思った。
一生、応援しようと思った。

この『情熱大陸』をみてから、完全に涙腺が緩んでしまっている。
小栗さんを見るだけで、声聴くだけで、考えるだけで涙が出る。

小栗さんが、幸せでありますように。今この瞬間も。明日もあさっても。
どうか、幸せでありますように。
スポンサーサイト
【2008/01/17 15:39】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<読売新聞Y&Y インタビュー | ホーム | ブログはじめました。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuon04.blog35.fc2.com/tb.php/2-0c388974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。