スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読売新聞Y&Y インタビュー
昨日発売された読売新聞Y&Yの、小栗さんのインタビュー。
ウチは読売新聞はとっていないので、こちらのページで読んだのですが・・・
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yy/interview/20080117et0b.htm

切ないです。

『メディアで顔を目にしない日はない。
それがうれしい反面、不本意でもある。
「それだけ簡単に消費されてしまうから」。
最近、自分の姿はもうテレビで見たくない、と思ってしまう。
飽きられて芝居を続けられなくなることが何より怖い。』


飽きることなんて絶対に無い。
作品ごとに全く違う顔を見せる小栗さんの演技。
「アイドル俳優」なんかじゃなく、「すごい役者」になりたい、と
誰よりも真摯に芝居と向き合う姿勢。
演技の中じゃなくて誰かと話すときも
とってもあったかくて。
知れば知るほど惹かれていく。

情熱大陸で、「ヒマだった時は仕事がほしいと思っていた」と言っていた。
「旬な俳優」「イケメン俳優」「今をときめく俳優」。
様々な言葉で持ち上げられ、騒がれ、人気に火がついた2007年。

自分が目指すものと、周りが自分を見る目との間に距離があって、
きっといろんな葛藤と今も戦っているんだろうと思う。

早く、小栗さんが望む環境でお仕事ができるようになってほしいなって思う。


スポンサーサイト
【2008/01/18 22:15】 | 小栗旬さん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オールナイトニッポンにて | ホーム | 役者「小栗旬」との出会い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuon04.blog35.fc2.com/tb.php/3-ff22cf11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。