スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2/13 小栗旬のオールナイトニッポン・レポってみました
最初の部分だけですが。


オープニングのセリフ:「いつも・・・ごっつぁんです!」

小栗「こんばんわ。小栗旬でーす。‥そして」
八嶋「八嶋智人でーす」
小栗「今夜もオープニングの台詞から始まりましたがー。
    こちらは…やっし~ちょっと言っちゃって。」

と八嶋さんにフツーに振って、八嶋さんがメール紹介していました。

小栗「日付が変わりまして、今日はバレンタインデーということですけども~」
八嶋「お~」
小栗「日本放送の方にも、ほんっとに皆さんからたくさんチョコレートを頂きまして」
八嶋「うーん!」
小栗「ありがとうございましたーホントに」
八嶋「ありがとうございます!」
小栗「そしてですね、先週は、エランドール賞の新人賞というのを頂きまして」
八嶋「おぉぉ~」
パチパチパチパチ
八嶋「イエー」
小栗「三池崇監督も駆けつけてくれましてね」
八嶋「うん!」
小栗「三池さんがーその~小栗旬君におめでとうの言葉をっていう所で、あのーとにかく、
    この先も、酒と女にだけは気をつけて良い俳優になって下さい、という風なね、」
八嶋「あ~」
小栗「話をして頂きましたけれども。」
八嶋「危ないもんね」
小栗「うーん。危ない。一番そこ危ない」
八嶋「危ないね」
小栗「うん」
八嶋「気をつけてね」
小栗「はーい。…まぁあの~こういう形でね、賞もらうのは初めてだしー
    やっぱり人に誉めてもらえるということは嬉しいことですよね」
八嶋「そうだね。ちゃんと認められたって事だから。確かに面白かった。」
小栗「…え?」
八嶋「あのーもらえると思う。」
小栗「あ、ホント?」八嶋「うん」
小栗「ありがとうございまぁす。そしてそして。
    この一週間、どんな一週間を過ごしてましたか、やっしー。」
八嶋「うん、今週の…そうねー今週の八嶋は、ボンビーメン、」
小栗「ボンビーメン」八嶋「ボンビーメン、」
小栗「ボンビーメン」
八嶋「(早口で)英語でしゃべらナイト、ボンビーメン。」
小栗「英語でしゃべらナイト、ボンビーメン。」
八嶋「えへへへへ、働いてばっかだね。」
小栗「ね~そうだねー」
八嶋「旬は?」
小栗「旬は~…あーでも俺今週‥やっし~んち行ってないねー」
八嶋「今週来て‥あ来てないか」
(略)
小栗「てかこの一週間意外と会ってないっすよね」
八嶋「会ってない」
小栗「うん。」
八嶋「ちょっとそれは、ボンビーメンの方で」
小栗「ボンビーメンの方でね、中身的に色々なっていて」
八嶋「あー」
小栗「同じシーンじゃない時、現場でチラッと会ってるけれどもー的な」
八嶋「そうそうそう」
小栗「ちょっとね~‥あ~え~な~い~時間が~」
小栗八嶋「『愛そ~だ~てるのさー』アッハハハ」
八嶋「エコーもかかっちゃったよ!」
小栗「えーぃ!そんなカンジで今夜も2時間お付き合い下さい。」

そしてやっし~が一曲の曲紹介とメール・ハガキの宛先紹介。

小栗「さ~、そんなカンジで本日もやっていきましょう。
    小栗旬と八嶋智人のオールナイトニッポン
    たくさんのハガキ・メールお待ちしてまーす。」

CM。
そして新しいジングル、BGM『モノクローム』で、
 「ニッポン放送をキーステーションに全国36局ネットで放送中。
 ビクトリー、深夜まで~。小山一美でした。小栗旬オールナイトニッポン

八嶋「さあ、という訳で、今夜もラジオの前のみんなに、まぁ、ね、
    僕の話を聞いていただこうということで」
小栗「はい」
八嶋「そういう時間がやって参りましたけれども」
小栗「ほいほい」
八嶋「まぁ、今日は何の話をしようかなという…」
小栗「んー」
八嶋「まず、まぁ、ね。僕と‥八嶋と旬の、今週。ま、さっきね、
    あんま会ってないという話もあったけれども。でもまぁ、会ってない分、会ってる時に、
    あのー、すごい俺たちただならぬ関係だなっていう」
小栗「うん」
八嶋「‥あのー‥旬が~‥」
小栗「うん」
八嶋「これ言っちゃっていいのかなぁ」
小栗「うーん」
八嶋「お尻に」
小栗「ふふん(笑)」
八嶋「おできが出来たでしょ。」
小栗「ウン」
八嶋「へへへ、アハハハ」
小栗「アハハハ!たたね、一つだけ言わせてもらっていいですか?」
八嶋「うん」
小栗「こないだね、いつもメインのロケをする現場があったわけですよ。
    そこで撮ってましたらね、」
八嶋「うん」
小栗「道行く人に」
八嶋「うん」
小栗「八嶋智人が」
八嶋「うん」
小栗「『皆さん!今ね小栗旬、お尻におでき出来てるんですよ!!』って」
八嶋「アハハハ!それでもびっくりするのはね、キャーって言うんだよ、女の子がね
小栗「あっはっはっは
八嶋「ははははは!そんなか!さすが、今最も旬な男小栗旬。」
小栗「あーざぁす」
八嶋「思ったね。でもね、小栗旬、そんなね、ロケですよ。外ですよ。一般の人も通る。
    そこで、『ちょっと八嶋さんさぁ、ちょっとおできどうなってるか見てくんない?』って」
小栗「笑」
八嶋「アナタは‥僕に‥ね、‥で慌てて周りでちょっとね、隠しながら、」
小栗「うん」
八嶋「一応僕チェックさせて頂きましたよ。」
小栗「うん」
八嶋「あんまりまだね」
小栗「そうなの」
八嶋「あのー‥でっかくなってないから、あ、これはあれだなーなんて思いながら、
    それがまぁ…要は肛の門…」
小栗「肛の門のね」
八嶋「すぐ、脇に」
小栗「脇のね、ほっぺたにね、脇ほっぺたにね、あらせらせるね」
八嶋「つまりだから僕、小栗旬の肛の門見ちゃった…」
小栗「あはははは
八嶋「これはもうね!ただならぬ関係ですよ!
小栗「そうだねー」
八嶋「はい」
小栗「肛の門、見て頂きましたねー」
八嶋「もう、なんか…何オレ、“お母さん”?
小栗・八嶋「笑」
小栗「どうでしたか?僕の肛の門は?」
八嶋「綺麗」
小栗「ハハハハハハ
八嶋「ワリィ。やっぱり、綺麗。」
小栗「でもね、」
八嶋「旬だなーって」
小栗「それが、それがね、アレ見てもらったの3日前でしょ?」
八嶋「そう」
小栗「それから3日間の間にね、3センチになったわけですよ。直径3センチ。」
八嶋「えーっ!マジで?
小栗「今日お医者さん行ったら、お医者さんが
    『えーまぁ、これ、直径3センチだね~』っつって。」
八嶋「おう」
小栗「『でもまだちょっと堅いしーあれだからー薬飲んで治して下さい』って言われて」
八嶋「うん」
小栗「まぁ、ストレスですよ」
八嶋「そーかぁ」
小栗「ストレスによる…まあ小栗旬結構こう、そういう、
    菌みたいなのが体内に入り込みやすい人なのでね」
八嶋「出ちゃうんだね、その、疲れてるとね。」
小栗「うーん疲れてるとー」
八嶋「つか、だからそこまでやっぱりー‥ね、ボンビーメン。」
小栗「うん」
八嶋「こう、全身全霊でやってるんだなっていう、すごい、愛おしい証なんだよ」
小栗「うーん。小山一美、ケツにおできを作りながら!」
八嶋「あんだけ走ってね。」
小栗「ええ。ホントにそれで、昨日一昨日の撮影…」
八嶋「大変だったでしょ?」
小栗「右ケツ、座れないんだから。全部左ほっぺですよ、今週は。痛い痛い。」
八嶋「じゃあちょっとあれだ、真っ直ぐな一美が、ちょっと斜に構えた感じだ」
小栗「斜に構えて(笑)
八嶋「笑。斜に構えた男になってんだな」
小栗「今日もね、白石ちゃんとのシーンがありましてね。ありましたんですよ」
八嶋「結構朝からやってたね、ずっと」
小栗「そこでね、パソコンに向かっている私というので、
    いつもの一美なら、完全にあぐらを掻いて、」
八嶋「そうだね」
小栗「パソコンに向かっているところを、」
八嶋「うん」
小栗「片膝立てちゃったもんね(笑)」
小栗・八嶋『あっはっはっは』
小栗「あまりに右ほっぺ痛くて」
八嶋「ナルホドね、ちょっと一升瓶でも抱えそうなくらいの感じで」
小栗「感じで(笑)やらせて頂きましたよ」
八嶋「だから、ね。今週、八嶋とおぐりんの一週間というのはあんま会ってなかったけれど、そんな濃密なね」
小栗「そうだね。この間ね、中トロ丼っていうの食べたね。」
八嶋「食べたねー(笑)あのー、ロケしてる隣にお店があってね」
小栗「丼から中トロがもう、こう花びらのように、こう…」
八嶋「そう!」
小栗「外に出ている中トロ…」
八嶋「それがまた…肛の門のみたいに見える」
小栗・八嶋『あはははは』
八嶋「バカか!」
小栗「バカか」
八嶋「バカか。でもまぁそんな感じで、この番組を盛り上げていきたいなって
    オレいつも思ってるから。」
小栗「うん。でまぁ、一年近く続けてきたこのオールナイトニッポンだけども、」
八嶋「そうだね」
小栗「やっぱりラジオのパーソナリティっていうのは大変?」
八嶋「そうだねー、やっぱりこう、聞いてる人とのやりとりもあって。
    でもなんかこう、返りがあるっていうことがね。」
小栗「ウンウン。そーねー」
八嶋「やっぱり、あ、一緒に、なんか、いるんだな、つながってるんだな、
    一美じゃないけれど、それはすごくね、実感として。」
小栗「思うところだよね」
八嶋「一年もやってると‥深い繋がりになってくるな、みたいな。」
小栗「そうだね。智人的には、この番組をね、どんな番組にしていきたいのかな?
    っていうのをやっぱちょっと聞いておきたいなっていう…」
八嶋「まあ、でも、やっぱりあのー‥小栗旬っていう、やっぱりね、イメージがあって、
    でもここでしか出会えない小栗旬っていうものをね、やっぱり、
    まあこれまでもそうだったけど、これからもどんどん引き出して、」
小栗「そうだねー」
八嶋「行きたいなっていう。」
小栗「うーん。やっぱり、こう、いるだけで違うもんね。こう、お互い2人でやっているっていう感じね」
八嶋「そうねー。2人で築き上げてきたこの一年が~、やっぱり次の一年、
    さらにもう一年とね」
小栗「ね」
八嶋「深まってそして広がって」
小栗「広がっていったらね、やっぱり一番いいなーと」
八嶋「そう、5ミリだったものが…3センチに!」
小栗・八嶋『あはははは』

もう、なんかメチャクチャな・・・
八嶋さん、ずっとラジオのパーソナリティやってきました的な(笑)
小栗さんはストレスからおできができてしまってって・・・治ったのでしょうか。
心配です。香港行くときとか、当然長時間座って行ったんですよね?
・・・うーん・・・大変だ・・。

今日はかなり長い記事になりました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます


ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
【2008/02/17 23:54】 | 小栗旬さん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<2/13小栗旬のオールナイトニッポン・レポ② | ホーム | 心、通わす。>>
コメント
久遠さん!
詳細なレポートとっても嬉しいです~v-345
すっかり二人のオールナイトニッポンだったんですね。とても仲の良い絵が浮かびます。

続きもあるんですか?(笑)
【2008/02/18 10:09】 URL | わこ #7uu1RD92[ 編集] | page top↑
>わこさん
実はわこさんが聞き逃したとおっしゃっていたこともあって書いたんですよ~v-343
なので喜んでいただけてすごくすごく嬉しいです!

続き、やります!!
【2008/02/18 12:44】 URL | 久遠 #Sivggt7E[ 編集] | page top↑
久遠さん!
わたしもすごくすご~く嬉しいです!!
できる範囲でゆっくり・・・よろしくお願いしますね~
【2008/02/18 19:57】 URL | わこ #7uu1RD92[ 編集] | page top↑
>わこさん
は~い(^▽^)ノ
【2008/02/19 00:29】 URL | 久遠 #Sivggt7E[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuon04.blog35.fc2.com/tb.php/34-f8aff33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。