スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
賞、受賞!/『ボンビーメン』第8話&『ハチミツとクローバー』第9話
遅くなりましたが・・・

小栗さん!

ゴールデンアロー賞・放送賞ドラマ部門
日本映画批評家大賞・主演男優賞(「クローズZERO」)


受賞、おめでとうございます!!

ラジオでもおっしゃってましたが、
今年に入ってから、ホントたくさんの賞を受賞されていますね~!
ホント、嬉しいです(*^_^*)

さてさて。
ドラマの感想、いきます。

ボンビーメン』第8話。
色々、すっきりしました。
まず何よりも、白石君のお父さん!
いや~、ほっとしました。
社会人として、というか人として、当たり前のことですが、
これから一美に少しずつお金返していくんですね。

それから、オムオム。
…まあ、すっきりはしませんが、でもかつては人をすごく愛して、でも
お金がなければ人は無力なんだって思い知って、
…あんなんなっちゃったんですか。
うーん、無理はあるが。

そして、一美。
キレましたね。
この場面、すごく好きです。
人の負の感情ほど、人間味あふれるものはないと思うから…。
一美の、切ないほど全力の怒り。

誰かの代わりになる人なんて、世界中どこ探してもいないんだって。

チャギーもテルテルも、自分も、引田さんも未海さんも。
オムオムさんだって。

オムオムさんにとって、なくした恋人の事は触れられたくない傷。
一美が話し続けようとした時、大声で怒鳴って拒絶する。
一美は、オムオムの中にある深い悲しみ、怒り、やるせなさを敏感に感じ取り、
そっと、抱きしめる。
オムオムの全てを受け入れ、包み込むように。
傷だらけで冷えた心を温めるように。


いつか未海に、「嫌いな人なんていません」
と言っていたのを思い出しました。
一美の、全ての人に対する愛情が、この場面に象徴されているような気がしました。


なのにオムオムは…
なんでまた勝負なのっ!

でも、来週の最終回で、第一話からの気がかりが、解決されそうな予感がします。
一美とその友達を繋ぐものは、お金なのか、友情なのか!

頑張れ!一美!



ハチクロ』第9話。
綺麗。雰囲気が。も~第一話からずっと言ってるけれど、綺麗です。

竹本が、土砂降りの雨の中必死にペダルを漕ぎ進める。
静かなモノローグ。

『小さい頃、自転車に乗っている時にふと思った。
このまま振り返らずにどこまで行けるんだろうかと。

東京を出て、振り返らずにひたすら走ってきた。
ペダルを踏めば踏むだけ
体にこびり付いていた
将来への不安や不甲斐なさ、自分への苛立ちが
ゆっくり消えていくのがわかった。

そして、前に進めば進むだけ、
背中から遠ざかってゆく全てのことが、
自分にとってどれだけ大事だったか、
身にしみてわかった。

僕には、戻りたい場所がある。
だから、この旅を続けることが出来るのだと。
会いたい人たちがいる。
だから、胸を張れるような自分でありたいのだと。

誇れる友達がいる。
だから、くじけそうになっても、前に進んでこれたのだと。

そして、旅の果てに…』


道の途中、土砂降りの灰色から、ぱぁっと光溢れる所へ抜ける。

『雨が終わる場所を見た。』

ブレーキを踏んで、ゆっくり振り返える。

『帰ろう。みんながいる場所へ。

帰ろう。また同じ数だけ、ペダルを踏んで。』



竹本の、自転車の旅が終わった。
何も変わらないようで、何かが変わった。

ボロボロの格好のまま大学に帰ってきた竹本は、
真っ先にはぐちゃんに会いに行く。
そして、控えめに、だけどしっかり。告白した。

『どうしてもいえなかった言葉が・・ずっといえなかった言葉が・・
自然に口からこぼれ落ちた
はぐちゃんの答えは、聞かなくてもわかっていた
だから僕は・・いえただけで本当に嬉しかった』


部屋を出て行こうとする竹本に言うはぐちゃんの「ありがとう」と笑顔が、すごくキラキラしていた。


9話のラストで、はぐちゃんにガラスが降りかかり、右手から大量の血が流れる。
第10話、どうなっていくのでしょうか。



風邪が治らなくてなかなか更新できません・・・。
見に来てくださってる方、すみません(;_;)



ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
【2008/03/07 21:34】 | 小栗旬さん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<三鷹の森ジブリ美術館 ある一枚の絵 | ホーム | ラブレター?!>>
コメント
久遠さん。こんばんは。
一美くんが、オムオムをぎゅっと抱きしめるシーン、近づいて何をするのかと思ったのでちょっと驚きました。でもいいシーンでしたね、表情も優しく慈しむような・・・さすがです。
いよいよ最終回ですね、さわやかなエンディングになればいいな。
P・S下にこっそり書いたサイトわかりましたか?
【2008/03/07 22:43】 URL | わこ #7uu1RD92[ 編集] | page top↑
>わこさん
予想外でしたが、一美らしい、愛情いっぱいの、全力の行動で・・ホントいいシーンでした!
小栗さんの表情は、もう・・・素晴らしすぎますよねe-266
わこさんの仰るとおり、さわやかなエンディングになってほしいですね。

そして、素敵なサイト、教えてくださって本当にありがとうございました!!
雑誌を買わない人間としては本当に嬉しいです!!
【2008/03/08 18:15】 URL | 久遠 #Sivggt7E[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuon04.blog35.fc2.com/tb.php/51-32618b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。