スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
続・徒然なるままに
先週の出来事。。。

7日にバスケの先輩(中高の時の先輩で、大学でもバスケを続けてる方)とお話したのですが、


泣いてしまいました。


人前で泣くことって滅多にないので、びっくりです。
しかもかなり激しく。自分でも予想外です。
しかも学生食堂で(!!)

初めは大学生活のこととか、履修のこととか、色々お話しやアドバイスを聞いていて、
途中から大学のバスケ部の話になって。
中学高校の時のような、厳しくて苦しい過酷な練習は無いことや、
息が上がる練習はもちろんあるけど、自分のためになるって納得できるからやっていて
楽しいし充実している等々、大学バスケ部が如何に魅力的か語ってくださいました。
バスケはもうやらないな~って思っていたのに、また迷いだしてます(笑)まあそれはともかく。

で、ひと段落して、
どうしてバスケをあまり続ける気が無いかということを
なんとなーく、軽~く、話したんです。

2/1の記事で「私はそれまでの一年間、すごく辛いことが続いて、精神的にボロボロになっていた」
って書きましたが、その「辛いこと」にあたる部分。


私は中学の時は3年間センター(ゴールに一番近いポジション)で、
すごく面白くて好きだったのですが、高校に入って身長の関係でフォワードになりました。
センターとは全く違う動きに戸惑いつつも、
頑張って練習して、そこそこ動けるようになりました。
でも高2で自分たちの代になって、ポイントガード(主にボール運び・司令塔)をやるようになって、
全然動きがわからなくて、みんなの足を引っ張っているのもわかっているから
余計緊張して上手く動けなくなって。

私の学年に、一人ずば抜けてバスケの上手い子がいて、
それまでみんなその子に必死についていってきました。
先生とかも私達の学年には本当に期待してくれていて。
だから私達の代になった時、みんなで絶対昇格しようって目標を立てたんです。
そのためには本当に本気でやらなきゃいけないから、
部活をもっと厳しくしよう、緊張感のある部活にしよう、
褒めちゃうとそこで満足する子とかいるから、褒めるんじゃなくて、
「出来て当たり前」という風に考えるようにして、
悪いところをお互いに注意し合おう、っていう感じになったんです。

でも、私はそれが嫌で・・・嫌というより、不安で不安で。
それまでは、上手く攻められた時は「ナイスプレー!」って
みんなで褒めあって盛り上げていたのに、めったに言わなくなったんです。
今までやってきたポジションだったら、自分の中である程度「いいプレー」の基準があるけど
ポイントガードは全然わからなくて、上手くいったかな、と思っても
何も言われないから、もしかしたらダメだったのかな、とか
何がいいプレーなのかもわからなくて。

普通なら高2ってそれまでの集大成で、一番よくわかっているはずなのに、
後輩の手本でありたかったのに、
むしろ中学生より下手な気がしてきちゃって。。

過酷なトレーニングには耐えられる。実際、6年間耐えた。
でも、精神的に辛いのには、ダメでした。

コートに立つのがこわくて、体も強張るからシュートも入らなくなって、どんどん悪循環。
仲間に言うこともできなくて。
毎日本当に本当に辛かった。
バスケを楽しむことができなくて、当然上達もしなくて、
本当に苦しかった。



そんなようなことを、ほんのちょっとだけ、軽く話したんです。
“互いに褒めなくなって、「できて当たり前」っていう考え方をするようになって、
プレーをするのがこわくなった”
これだけ。
少し胸が詰まって、あれ?って思いながらも続けて
“先輩方がいたときはすごく楽しくて、部活も盛り上げてくれて、
上手くいったときはすごく褒めてくれたから、のびのびやれたけど
先輩がいなくなってから本当に辛くて・・・”
って言ったら、なんか、急に涙があふれて、言葉が出てこなくなって。

今考えると、多分この時はホッとしたのかなって思います。
迷子の子供が母親を見つけると張り詰めていた気持ちが緩んで泣いちゃうのと同じような感じで、
バスケ部の事情と私のことをよく知る人に話すのはこれが初めてで、
気持ちが溢れちゃったんです。
辛かった記憶だけじゃなくて、先輩が私を支えてくれていたんだっていうことを
本人に伝えて、感謝でいっぱいになって。
先輩が引退してから、何度か部活に遊びに来てくれたことがあって、
その度に部活を盛り上げて、強張ってた心をほぐしてくれたんです。
これがなかったら、もっと早い段階で、ボロボロになっていたと思います。

昨年の前半は精神的にかなり参っていました。
半年近く不眠症にもなって、試合前の2週間ホントに一睡もできなくなったり、
とにかく、こわくてこわくて逃げたかった。
学校行きたくないってくらい、ぐちゃぐちゃだった。
結局夏に引退するまで自分の思うプレーができなくて、
でもそれを悔しいって感じる余裕もなくて、何となくぼんやりと悲しいって感じで。

全力でやらなかったんじゃない。本当に本当に精一杯やってきた。
あの時の私にできることはホントにやった。
今、もしその時に戻ったとしても同じだと思うくらい、やった。

でも本当は、全力でやったからダメだったんだということも感じてました。
逃げられなくて、追い込まれて、・・・壊れちゃった。
一度距離を置いて、落ち着いて、気持ちを整理するべきだったのに
それさえも恐くてできなかった。
・・・どうも人目を気にし過ぎなんです。
自信ないくせにプライド高くて、強くありたい、すごい人でありたいって思うから
余計動くのがこわくて。心が弱い。弱いんだなぁ~・・。
もちろん、バスケ部の仲間は大好きです。
こんな風に厳しい部活は辛かったけど、でも、みんなが本気で頑張って上を目指したからこそだと思うし・・・むしろ私がちゃんと自分の気持ちを言わなかったから自滅しちゃっただけで。


で、泣いてしまっている時、先輩がすごく優しい言葉をかけて下さって、
「引退してから○○(私の名前)の雰囲気っていうか様子がちょっと変わったな、とは思っていたんだけど、まさかそんなことになってたなんて、辛かったね、気付いてあげられなくてごめんね」とか
「もっと部活に行けばよかった」とか・・・
それ聞いたらまた余計涙が止まらなくなって、大変でした。
迷惑かけてしまったのに、こんな風に話してくれて安心したって言って下さって!
本当に優しい方です(;_;)

このあとしばらく情緒不安定になりましたが、次の日には浮上しました。
今は最高に元気です~♪


ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2008/04/14 21:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
打ち上げ話。。。
30日と31日、二日連続で2つ打ち上げに行ってきました~

30日は、昨年の秋にあった文化祭の有志団体の打ち上げを今頃、ようやく。
夜に月島でもんじゃ焼きを食べまくりました・・・一つの店で3時間弱(笑)
お店にとって迷惑な客かと思いきや、実はノンストップで注文して食べ続けたので、
お店の利益にかなり貢献したのではないかと。

私たちの団体は高1の時から3年間、「落語の劇」をやりました。
10~30分くらいの寸劇を、4,5作品上演。
たったの10人で!(そのうち4人がバスケ部)
しかも過半数(含・私。)がもともとスタッフを希望して参加したのに
人数足りず全員キャストに。
さらに教室団体なので舞台とかも手作り(高1の時の舞台は牛乳パックを大量に使って作りました!高2・3は学校のソファーを使いました)で、幕なんかは手動(!)、
時間を決めずに、お客さんが来れば上演していたので、
文化祭の日は全員ずっと働き詰め(他の団体を見ることも出来ませんでした・・)。

ハプニングばっかりでした(笑)
牛乳パックの舞台の時は、2ヶ所穴があって全員少なくとも1回ははまりました。
というか、私は本番中に落ちました。(!)
そして、高3の時が一番セリフが・・
ふっと頭の中が真っ白になったり、うっかりオチを言っちゃったり・・
私はある劇で一人で前座をやったのですが(正座をして5~6分しゃべるもの。セリフはほとんどアドリブ)、幕を持ってる子が「もっと声大きく」のジェスチャーをし続けて
「えーっちゃんと出してるよ」とか思いつつ軽くパニックになり、
思わずお客さんに謝っちゃったり。

前座はホントに辛かった・・。
キャストとして演技するのはそうでもないのに、セリフが決まってない状態でしゃべるのは・・
それでなくても緊張するのに、くらくら・・。
でも案外、フルスピードで頭回転させてた方が、変にスピーチとかするよりずっと楽ということを知りました。

まぁ、その他諸々の失敗やら何やらを乗り越え、
努力が報われ、高1と高3の時に最優秀有志団体賞を受賞しました。
前代未聞のV2


そして31日はバスケ部打ち上げ…
筑波山の予定が雨のため中止になりました(泣)

で、どこへ行こうかと話し合った結果、



ディズニーランド。

雨だから空いてるだろうということで決まったのですが、


・・・甘かった。


春休みだから、多分、遠くからわざわざそのために来てる人も沢山いて、
そういう人は「雨だから」という理由で中止にはしません。


素晴らしい混み具合でした


雨の中、凍えながら歩き回り、
凍えながら何十分も待ち、
凍えながら乗り物に乗って風を受け…


死ぬかと思いました。
昼には雨も上がって晴れてきたのですが、それでもハンパなく寒い。
結局5個しか乗れず。(180分待ちとかもいくつかありました!さすがに並びませんでした…)

でも、これで筑波山とか行ってたら、完全に遭難だったよね~とみんなで笑ってました。


混んでいたけれど、凍えそうだったけれど、すごく楽しかったです。
この4人で遊んだことが今までなかったので、
初めて一緒に行動するのが卒業後…仲良いのか悪いのかわからない。
いや、いいはずです。きっと。

夏休み、絶対に4人で尾瀬に行こう!とか言ってます。
雨でも行けて、運動にもなるからということで。
元部長いわく、
「みんなそれまでにちゃんと体鍛えておくように!へばった人は置いていくから!」

どんだけ歩く気か知りませんが、私はついていきます。笑
水芭蕉を見る気はゼロですね、彼女。


楽しみだなぁ!
ちゃんと実現させたいなぁ~!←切実(笑)


ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2008/04/01 21:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
超私事。ショッピング&愛すべき我が友人
この春休み(?)、ものすごく充実してて、
毎日がすっごく楽しい!

小5,6は塾で中学高校はバスケの部活が毎日(←これはこれで充実してましたが・・)
だったのが、今年はショッピングだったり友達と遊んだりして過ごせる、というのが
すごく新鮮で新鮮で!!

服もいろいろ買いました~vv
吉祥寺まで歩いて行ける(競歩のスピードで1時間。笑)というのがホント便利だなぁと
初めて実感しました。
というか、吉祥寺、物価安っ!
普通のアクセサリーが300円というのにまず目からうろこ。
Tシャツも100~円からあったり、ワンピースも600~2000円くらいで売ってたり・・。
しかも全部オシャレで可愛い。

で、たくさん買ったつもりでも今まで全然服を買わなかったから、
友達に話すと「え、少なくない?大学生になるのに大丈夫?」との答えが。
え~・・でも一応、一週間は毎日違う服を着れるようにはなったんだけど(爆)
あ、でも、確かに下はジーンズ2枚だけだ・・。うーん。スカート似合わないからなぁ。


でも、いろいろ予定はあるものの、春休み一番の楽しみは
バスケ部(私の学年は4人だけ)で打ち上げをすること、です。
もともとみんなあまりイベントのようなものは好きじゃなくて(嫌いな訳でもない)
「打ち上げ」とか面倒だよね~と言ってもおかしくないようなメンバーなので、
きっとやらないんだろうな、と諦めていたのですが。
珍しくみんなやる気になって。

日帰りで筑波山に登山に行くことになりました~!笑

普通なら遊園地なんだろうけど、人がたくさんいるのは嫌、というのと、
体を動かしたい、という理由で。
我ながら、面白い集団だなぁと思いました。
変人ばっかり。特に元部長。
今日のメールでも、

私「筑波山、持ち物はどうするの?」
元部長「愛と希望・・・」

真面目に答えてくれ!!(下にスクロールしまくったらちゃんと書いてありました)
本当に素敵な人です。


ちなみに明日は友達とスケートに行ってきます~♪


ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2008/03/28 19:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハチミツとクローバー、最終話。
一週間前に書いてあったのに、下書きのままにしていたことを忘れていました
イマサラですが・・・。


ボロ泣きでした。

実らない恋。でも、自分を成長させ、好きになって良かったと胸をはれる恋。

みんなが、それぞれの道を一歩ずつ進んで行く。
真山は理花さんとスペインへ。
山田は真山を想い続けながらも、それでも一緒にいようと言う野宮と歩き出し。
森田は相変わらず自由奔放で、卒業制作をほっぽり出して世界旅行。

はぐちゃんは、リハビリを終え、これからもずっと絵を描き続けるんだろう。

竹本は宮大工になるため、盛岡へ。
アパートを出る時、ローマイア先輩が竹本に贈った言葉が温かかった。

「旅立つときはね、笑顔の方がいいんだよ。その笑顔に、人はまた会いたいと思うからね」

盛岡行きのバスに乗ろうとした時はぐちゃんが駆けつけて、竹本に包みを渡す。
「また必ず会おうね」
そう言って、いつまでも手を振り続けて。

バスの中で竹本が包みを開けると、中にはたくさんのサンドイッチが入っていた。
ハチミツとたくさんの四葉のクローバーを挟んだサンドイッチだった。

そしてラストは、泣きながらそのサンドイッチを頬張る竹本のモノローグ。

『一日中探して、やっと一枚しか見つけられなかった四葉のクローバーが
こんなにも入っていた。
2年前の春、奇跡のようなあの景色の前で、僕たちは出会った。
そばにいるだけで幸せだった。
でも。

すぐ目の前にいるのに全然手を伸ばそうとしない自分が、いつももどかしかった。
求めてもないのに、手に入らないと決めつけて、
黙って見てるだけの自分が、いつも腹立たしかった。

そんな僕に、きっかけを与えてくれたのは
はぐちゃんの優しさだった。
そんなふがいない僕を突き動かしてくれたのも
はぐちゃんの強さだった。

僕はこれまでずっと考えていた。
うまくいかなかった恋に、意味なんてあるのかって。
消えていってしまうものはなかったものと同じなのかなって。

でも、今ならわかる。
意味はあったんだと。
はぐちゃんとの出会いがあったからこそ、今の僕がここにいるんだと。

時が過ぎて、何もかもが思い出になる日がきっと来る。
でも、きっと思い出す。
5人が過ごした、あのかけがえのない日々のことを。
そして、今なら胸を張って思える。

僕は、君を好きになって良かった。』




ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2008/03/27 15:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
卒業・・・。
昨日、卒業式でした。

感無量・・・。


本当に、この学年でよかったと思いました。
高3でのクラスも、本当に良かったです。

バスケ部の後輩から、たくさんのお手紙と、花束と、プレゼントももらって、
すごくすごく嬉しかったです。

謝恩会で、クラスごとにちょっとした出し物(歌を歌うのが主流。)をするのですが、
私のクラスは、5分くらいのビデオ上映と歌を歌いました。
ビデオはちょっとした劇を数ヶ月前にとっておいて、
歌は、12月頃から少しずつ練習してきました。
他のクラスは、どうも、2,3回くらい歌を合わせるだけだったみたいで、
私のクラスだけ、何故かすごく本気になってて、みんなで「うちら完全に空気読めてないよね~~」
って笑い合っていたのですが。

2月、3月になると、学校に行く日は毎日歌を合わせて、どうやったら綺麗に聞こえるか、
声の強弱とか、ピアノ伴奏の子が、曲の途中に校歌を混ぜてアレンジしたり、
いろいろ工夫を重ねて、本当に頑張って練習しました。
30分だけの練習つもりだったのが、知らない間に2時間過ぎていたり、
「じゃあ、今日はこの辺で解散にしよっか」と言われた後、誰一人動かなかったり。
ホント、いいなと思いました。

このクラスは、最初から結構まとまっていて、ちょっとした行事でグループ分けする時に
先生に「好きな子同士で7~8人のグループをつくりたいよね」と聞かれた時も
「出席番号でいいんじゃない?」という感じで(笑)
単に面倒だからというのもあるのでしょうが、
でも、みんながみんなお互いを認め合っているからこそ、と思うんです。

発表は、大成功でした。

最後にこんなに団結力のあるクラスになれて、本当に幸せでした。


それから、バスケ部顧問の先生が私達からもらい泣きしていて、
ちょっと感動しました。

最高の6年間でした!!!


ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
               
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
【2008/03/24 00:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。